ABOUT  US

生地のこと

 

 

草木染めの衣たちの素材は、主にヘンプ(おお麻)やラミー(苧麻)、リネン(亜麻)、オーガニックコットンなどの天然素材を選んでいます。

 

ヨーロッパ産のヘンプの原糸を日本で織り上げた国産の生地や、環境に配慮して育てられた中国のオーガニックヘンプ、インドやネパールの手紡ぎ手織りの生地など… 出逢ってみていいなぁって感じた生地だけで、ひとつひとつ心を込めて縫製しています。

 

 

日本では、リネンもヘンプもラミーも、「麻」とひとくくりにされていますが、実はそれぞれ全く違った植物なのです。

 

ヘンプは丈夫で成長が早く、繊維、葉、花、幹、種子などが余すところなく、燃料・医療・祭事・神事などにも利用され、古くから日本でも、生活の中で親しまれてきました。

そのうえ、農薬や肥料を必要とせず、痩せた土地でも育つので、環境に優しい植物です。

 

 

またヘンプの衣服が電磁波や放射能などから私たちの体を守ってくれるとも言われていて、現在注目されています。


草木染めのこと

 

 

 

お天道様や美しい地球に感謝しながら…

 

自然界の草木花を薪の炎で煮出して、色と植物のもつエナジーを布に頂いています。

 

 

植物で染めた衣を身につけることで、その植物の持つ薬効も身体に取り入れることができると言われています。

 

服用という言葉もここからきているそうです。 『草根木皮(漢方薬)、これ小薬。 鍼灸、これ中薬。 飲食衣服、これ大薬。 身を修め心治める、これ薬源なり。』(紀元前に署された中国の古典の一つ「書経」より)

 

 

食べる物も、身につける物も、同じように身体を整えてくれるものなのですね。

 

特に、肌に直接着ける靴下や、腹巻きなどは、薬効成分の高い植物を選んで染めています。

 

 

草木染めは、一期一会の色との出会い。

 

 

同じ生地に同じ植物で染めても同じように染まるとは限りません。全て、世界にひとつだけのものになります。

 

 

化学染料で染めた生地と違い、お洗濯を繰り返すことや日焼けなどで、どうしても色の変化があります。お手入れは、合成洗剤や漂白成分の入った洗剤を使わずに、手洗い&陰干しをして頂けると色が長持ちします。

 

また、染め直すことも出来ますので、末長く大切にお付き合いして頂けたら嬉しいです。

 

 

 

 


SCHEDULE



2017年3月12日〜26日   ∞ はじまりのひかり展 ∞

Taiyou∞human connection natural cafe∞
(愛知県春日井市)


愛知県にある、自然食カフェで展示販売させていただきます。26日のみ在店しています。



2017年4月1日、2日

アマテラスサロン(横浜)


会場が狭いため、予約制の展示販売になります。イベントページを見て、ご予約頂いた方に場所の詳細をお送りしています。
なかなか、関東には行けないので、この機会に是非☆両日行きます♪



2017年5月3日〜5日

  モダナークギャラリー(神戸)

ヒマラヤ水晶ひかりやさんと一緒に展示会を開きます。きらきらな水晶の原石やアクセサリーと、草木染め衣のコラボ。
詳細は、後ほど。
全日在廊予定です。


2017年7月7日〜30日  ∞ 虹色のひかり展 ∞

ハクトヤ(兵庫県篠山)

丹波篠山の城下町にある、世界のあちこちから集まった素敵な雑貨のお店  ”ハクトヤ”さんにて、約3週間展示させていただきます。







CONTACT


お問い合わせ先

[mail]
kusakizomeshanti@gmail.com

[tel&fax]
0799-70-1944